MENU

お知らせ

【報告】アルバルク東京×スペシャルオリンピックス日本「Special Olympics Day」

この度、2017年11月18日(土)にBリーグ(男子プロバスケットボールトップリーグ)のアルバルク東京公式戦にて「Special Olympics Day」が行われました。

2016年からナショナルパートナーとしてスペシャルオリンピックス日本(以下、SON)のサポートをいただいているトヨタ自動車株式会社様(以下、トヨタ様)が、知的障害のある人と知的障害のない人が共にスポーツをする「ユニファイドスポーツ」をはじめとしたスペシャルオリンピックスの取り組みにご理解いただき、新たにスペシャルオリンピックス国際本部(以下、SOI)とグローバルパートナー締結されました。それを記念し、Bリーグでトヨタ様がトップスポンサーを務めるアルバルク東京の試合前の約3,000名の観客がいる中でユニファイドバスケットボールのデモンストレーションマッチを行うなど「スペシャルオリンピックスの活動」そして、「ユニファイドスポーツ」のPRを実施致しました。

これからもスペシャルオリンピックス日本は皆様のご支援・ご協力を得ながら障害の有無に関わらずスポーツを通じた共生社会の実現に向けて取り組んで参りますので、引き続きスペシャルオリンピックスへの応援を宜しくお願いいたします。

タイトル アルバルク東京×スペシャルオリンピックス日本「Special Olympics Day」概要
日時 2017年11月18日(土) 12:35~16:00
会場 アリーナ立川立飛
ゲスト ティモシー・シュライバー氏
(SOI国際本部会長)

豊田章男氏
(トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長)

ムトンボ・ディケンベ氏
(SOIグローバルアンバサダー/元NBAプレイヤー)

林芳正氏
(文部科学省 文部科学大臣)

大河正明氏
(Bリーグチェアマン)

三井嬉子氏 
(SON会長)
参加者

スペシャルオリンピックス日本・東京からアスリート 12名、パートナー10名、ボランティア(コーチ等)9名

内容
  1. ユニファイドバスケットボールデモンストレーションマッチ
  2. スペシャルオリンピックス活動紹介(映像)
  3. ティモシー・シュライバー氏と豊田章男氏によるスピーチ

ユニファイドバスケットボールデモンストレーションマッチ

知的障害のある人と知的障害のない人が共にプレーをする「ユニファイドスポーツ」のPRとして、アルバルク東京とレバンガ北海道の試合前に「ユニファイドバスケットボール」のデモンストレーションマッチを行いました。
約3,000人の大観衆を前にアスリートもパートナーも緊張気味でしたが、精一杯プレーし、途中から試合にサプライズ参加したディケンベ・ムトンボ氏とのゲームに会場も大いに盛り上がりました。

ティモシー・シュライバー氏と豊田章男氏のよるスピーチ

「Special Olympics Day」には、トヨタ様の代表取締役社長の豊田章夫氏とSOI会長のティモシー・シュライバー氏、そしてSOIグローバルアンバサダーで元NBAプレイヤーのディケンベ・ムトンボ氏もご出席され、ハーフタイムに行われたスピーチではインクルージョン社会の実現への熱い想いを語っていただきました。

BIG BALLへのサイン

今回、大サイズのユニファイドボール(BIG BALL)をトヨタ様にご用意いただき、ティモシー・シュライバー氏、豊田章男氏、ディケンベ・ムトンボ氏そしてユニファイドバスケットボールデモンストレーションマッチに出場したスペシャルオリンピックス日本・東京のアスリート・パートナーをはじめ今回の「Special Olympics Day」をご観覧いただいた方に、SOの理念に共感したことや今後の活動へのエールをサインやメッセージという形で書いていただきました。

 

【この記事に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本 事務局
Tel:03-6809-2034 / Fax:03-3436-3666
Mail:info@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop