大会・競技会について

スペシャルオリンピックス日本(SON)では、4年に1度、夏季、冬季のナショナルゲーム(全国大会)を開催しています。

「継続的なスポーツトレーニング」の発表の場

日常のスポーツトレーニングの成果を発表する場として、大会・競技会を開催します。

大会・競技会は、日常のスポーツトレーニングとは全く違う環境で、アスリートが不安や緊張と戦いながら自分のできるようになったことのすべてを発揮するチャレンジの場です。また、アスリートだけでなく、コーチ、ファミリー、ボランティアをはじめ、活動に関わる全ての人にとってもチャレンジの場であるとともに、アスリートや自分自身の変化に気づく大切な場です。

ナショナルゲーム(全国大会)

スペシャルオリンピックス日本では、各都道府県の地区選手団が参加する夏季、冬季のナショナルゲーム(全国大会)を4年に1度、開催しています。

これまでに開催したナショナルゲーム

1995年3月第1回 夏季ナショナルゲーム/熊本アスリート:137名
コーチ他:64名
1996年2月第1回 冬季ナショナルゲーム/宮城アスリート:34名
コーチ他:17名
1996年6月第1回 冬季ナショナルゲーム/福岡アスリート:45名
コーチ他:21名
1998年8月第2回 夏季ナショナルゲーム/神奈川アスリート:200名
コーチ他:138名
2000年2月第2回 冬季ナショナルゲーム/長野アスリート:134名
コーチ他:89名
2002年8月第4回 夏季ナショナルゲーム/東京アスリート:1,016名
コーチ他:560名
2004年2月第3回 冬季ナショナルゲーム/長野アスリート:697名
コーチ他:417名
2006年11月第4回 夏季ナショナルゲーム/熊本アスリート:1,016名
コーチ他:560名
2008年3月第4回 冬季ナショナルゲーム/山形アスリート:566名
コーチ他:330名
2010年11月第5回 夏季ナショナルゲーム/大阪アスリート:1,042名
コーチ他:591名
2012年2月第5回 冬季ナショナルゲーム/福島アスリート:574名
コーチ他:320名
2014年11月第6回 夏季ナショナルゲーム/福岡アスリート:975名
コーチ他:593名
2016年2月第6回 冬季ナショナルゲーム/新潟アスリート:614名
コーチ他:329名
2018年9月第7回 夏季ナショナルゲーム/愛知アスリート:996名
パートナー:4名
コーチ他:602名
2020年2月第7回 冬季ナショナルゲーム/北海道※新型コロナウィルス感染症拡大により開催中止

世界大会

スペシャルオリンピックス(SO)では、オリンピック同様、4年に1度夏季、冬季の世界大会が開催され、スペシャルオリンピックス日本は日本選手団を派遣します。
世界大会に参加することで、海外のアスリートから学ぶ技術や、新たな目標など、この大会を通じて多くのことを得ることができます。

これまでに派遣した世界大会

1995年7月第9回 夏季世界大会/コネチカット(アメリカ)参加:143ヵ国
日本選手団:30名
1997年2月第6回 冬季世界大会/トロント(カナダ)参加:70ヵ国
日本選手団:17名
1999年6月第10回 夏季世界大会/ノースカロライナ(アメリカ)参加:150ヵ国
日本選手団:45名
2001年3月第7回 冬季世界大会/アラスカ(アメリカ)参加:約70ヵ国
日本選手団:16名
2003年6月第11回 夏季世界大会/ダブリン(アイルランド)参加:約160ヵ国/地域
日本選手団:77名
2005年2月第8回 冬季世界大会/長野(日本)参加:約84ヵ国/地域
日本選手団:150名
2007年10月第12回 夏季世界大会/上海(中国)参加:164ヵ国
日本選手団:120名
2009年2月第9回 冬季世界大会/アイダホ(アメリカ)参加:95ヵ国
日本選手団:87名
2011年6月第13回 夏季世界大会/アテネ(ギリシャ)参加:170ヵ国/地域
日本選手団:75名
2013年1月第10回 冬季世界大会/ピョンチャン(韓国)参加:111ヵ国/地域
日本選手団:84名
2015年7月第14回 夏季世界大会/ロサンゼルス(アメリカ)参加:164ヵ国/地域
日本選手団:118名
2017年3月第11回 冬季世界大会/オーストリア参加:107ヵ国/地域
日本選手団:81名
2019年3月第15回 夏季世界大会/アブダビ(アラブ首長国連邦)参加:190ヵ国/地域
日本選手団:104名

コーチ育成

スペシャルオリンピックス日本では、日常プログラムをボランティアとしてサポートするコーチを対象として、コーチクリニックや認定コーチ研修会を行い、人材育成に取り組んでいます。

スポーツプログラム(実施競技)

スペシャルオリンピックスでは、アスリート自身がやってみたいスポーツを選べるよう、多くのスポーツプログラムを展開しています。
また、障害の程度や競技能力にかかわらず、より多くの人がトレーニングや競技に参加できるように個人技能競技等の種目が設けられています。

スペシャルオリンピックス日本では、夏季/17競技(日本でのみ実施のフライングディスクを含む)、冬季/8競技の全25競技を実施しています。
地区組織によって実施しているスポーツプログラムが異なりますので、詳細はお近くの地区組織へお問い合わせください。

夏季競技

競泳
陸上競技
バドミントン
バスケットボール
ボウリング
ボッチ(SOボッチャ)
馬術
サッカー
ゴルフ
体操競技
卓球
テニス
バレーボール
自転車
柔道
競技チア

冬季競技

アルペンスキー
クロスカントリースキー
スノーボード
スノーシューイング
ショートトラックスピードスケート
フィギュアスケート
フロアホッケー
フロアボール