MENU

お知らせ

ユニス・ケネディ・シュライバー 生誕100周年!

本日2021年7月10日、スペシャルオリンピックス(SO)はSO創設者であるユニス・ケネディ・シュライバーの生誕100周年を迎えました。ユニスは、故ケネディ大統領の妹であり、知的障害のある姉ローズマリーとともに育ちました。「知的障害があっても、スポーツを心から楽しむチャンスが与えられるべきだ」との強い信念を持っていた彼女は、1962年に自宅の庭を開放して、知的障害のある人たちのためにデイキャンプを開催しました。これが、スペシャルオリンピックスの活動のはじまりです。その後、ユニスの意思は世界中に広がり、現在では世界200の国と地域、そして日本国内では47都道府県でSOの活動が展開されています。

知的障害のある人たちがスポーツを通じて社会参加できることを心から願い、世の中の差別や偏見に果敢に挑み続けたユニスのインクルージョンへの想いは、今でもSOの活動の中に生きています。ユニスの生誕100周年を迎えた今日、コロナ禍による活動制限は続いていますが、知的障害のある人たちがだれひとり取り残されることなく、すべての人が自分らしく生きられる社会になるよう、SOは取り組んでまいります。

スペシャルオリンピックスの歩み

1921年7月10日 ユニス・ケネディ・シュライバー誕生
1962年 ユニスが知的障害のある子供たちを自宅の庭に招待し、デイキャンプを開催する
1968年7月20日 イリノイ州シカゴで「第1回スペシャルオリンピックス国際大会」が開催される
1968年12月 非営利組織「スペシャルオリンピックス」が、国際本部として設立
1988年2月 IOCと「オリンピック」の名称使用や相互の活動を認め合う議定書を交わす
1991年 第8回夏季世界大会がミネソタ州で開催。日本のアスリートが体操競技に出場し、銀メダルを獲得
1994年11月27日 「スペシャルオリンピックス日本」が発足(会長:細川佳代子(2021年現在は名誉会長))
1996年 第1回冬季ナショナルゲームを宮城県、福岡県で開催
2005年   第8回冬季世界大会が長野で開催され、ユニスが来日
2008年4月  有森裕子が理事長に就任
2009年 47都道府県全てにスペシャルオリンピックス活動が展開
2019年   スペシャルオリンピックス日本 設立25周年を迎える
2020年    新ビジョン2020-2025を策定し、新スローガン“Be with all”を掲げ、現在に至る

  

■2005年 第8回冬季世界大会に出席のため、ユニスが来日した時の様子

 

 

スペシャルオリンピックス日本 事務局

Mail: info@son.or.jp
※新型コロナウイルス感染予防対策としてリモートワークを行っておりますので、メールでのご連絡をお願い致します。

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop