第7回アスリートアンバサダーミーティング報告 / 「自分を知る」第3回の講座を実施!

第7回アスリートアンバサダーミーティング報告

7/28(木)に第7回のオンラインミーティングを行いました。

5月より、アスリートアンバサダー第2期の最終目標である「スペシャルオリンピックス(SO)を伝える番組をつくりましょう!~プロの方たちと一緒に〜」に向けた研修を実施しています。

今回のミーティングでは、第3回の講座として、自分の言葉で “伝える” アナウンス研修を、日本テレビアナウンサーの豊田順子さんを講師に迎え、実施しました。

第3回講座:自分の言葉で “伝える” アナウンス研修
(講師:日本テレビ 豊田アナウンサー)

【内容】

・「自分の特徴を1分以内に話してみよう」 発表
・話してみての感想は?
・豊田さんからアナウンス講義
 ① 顔の筋肉をもっと使おう!
  母音で口を大きく動かす練習
 ② 私たちが人に伝える時、誰もが幸せに感じる表情は、どんな表情?
 ③ 大切に伝えたい言葉を、思いを込めて大切に言おう。
・「自分の特徴を1分以内に話してみよう」 再トライ!
・豊田さんからのメッセージ

豊田さんのアナウンス講座の詳細や様子は下記よりぜひご覧ください。
<豊田さんアナウンス講座>

■今回のMTGの振り返

今回は、“伝える”ことのプロである、豊田順子アナウンサーに、自分のことについて“伝える”実践研修を実施していただきました。

当日サプライズでご登場いただきましたので、アスリートアンバサダーの皆さんは、とてもびっくりして最初は少し緊張の様子でしたが、豊田さんの研修が始まると、しっかりメモを取りながら真剣に研修に臨みました。

豊田さんからのアナウンス講座では、「顔の筋肉をもっと使って話をすると、とても聞き取りやすくなります!」と教えていただき、皆さんで口を大きく動かす練習や発声練習をしました。口を大きく動かすと顔がポカポカしてきて、スポーツをする時に、体の筋肉を動かすのと同じように、顔の筋肉もしっかり動かすことが大事だということを学びました。

また、淡々と話すよりも、「自分が1番伝えたいことを、自分の思いを込めて大切に言う」ことの大切さも学び、最後には、豊田さんの講義を踏まえ、もう一度「自分の特徴を1分以内に話す」発表を再チャレンジしました。

アスリートアンバサダーの皆さんは、豊田さんから教えていただいたことをすぐさま吸収し、言葉を丁寧に発声し、そしてとても心のこもった伝え方、表情になり、最初に発表した時よりも、さらに素敵な発表となりました。

今回、豊田さんに多くのことを教えていただき、“伝える”ことの難しさや楽しさ、を改めて実感しました。これからのアスリートアンバサダーの活動の糧となる、とても貴重な機会となりました。

豊田さん、ありがとうございました!

最後までお読みいただきありがとうございます。次回の更新もぜひお楽しみに。

本件に関するお問い合わせ


お問い合わせは下記の連絡先までお願いいたします。

スペシャルオリンピックス日本 経営企画部