MENU

Be with all

「多様な人々が活きる社会の実現を目指す」

Be with allについて

スペシャルオリンピックス日本(SON)は、
“Be with all”をスローガンに、
知的障害のある人々とのスポーツを通じた様々なユニファイド活動により、
多くの気づきと行動を生み出します。

そして、2025年までに
「多様な人々が活きる社会の実現」を目指し、 Be with all事業を展開していきます。

取り組み紹介

“Be with all”に共感・賛同いただいている、支援企業・団体様との、Be with all事業をご紹介します。

SON支援企業の日本航空(JAL)様と協働で
Zoom を活用した交流イベント『フレンズミーティング』を実施しました。

イベント内容はこちら

SON支援企業のエニタイムフィットネス様と協働で
『Zoomで楽しくユニファイドトレーニング』を実施しました。

イベント内容はこちら

~ “Be with all”を実現するために ~

Be with all事業では、大会・競技会などのスポーツ事業に留まらず、教育や健康福祉など様々な分野でプログラムを展開していきます。また、私たちは、知的障害のある人とない人が「あたりまえ」の関係を築けるよう「交流・相互理解」の機会を創出し、知的障害のある人々が平等に「機会やサービスの提供」を受けられるよう働きかけ、誰も取り残さない社会の重要性を「発信」していきます。
そして、これらの活動を通じて、より多くの方々に“Be with all”の目標に共感・賛同いただき、様々なステークホルダーとともに、知的障害のある人たちの社会参加を促進し、誰ひとり取り残さない社会の実現を目指します。

・交流・相互理解

知的障害のある人・ない人が触れ合うことで、「あたりまえ」の関係を築く。

・機会、サービスの提供

社会に不足している知的障害者のための機会、サービスを提供することにより、彼らの生活の中に選択肢を増やし、誰もが参加できる社会を目指す。

・発信

私たちが目指す社会のイメージを幅広く発信することで、人々の気づきと行動を促し、社会全体をインクルーシブに変えていく。

Be with all事業の展開がSDGsへの貢献につながります

スペシャルオリンピックス日本は国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の17のゴールのうち8つのゴールに密接に関係しています。
現在、日本では約100万人の知的障害のある人たちが生活しているとされていますが、(* 注1)スペシャルオリンピックス日本の参加アスリート数は8,605人と、わずか1%を満たないのが現状です。(* 注2)
スペシャルオリンピックス日本では、1人でも多くの人たちに活動へ参加していただくことで、スポーツを通じて、知的障害のある人々の可能性を広げ、よりインクルーシブな社会を目指します。

(* 注1)厚生労働省発表の療育手帳発給数2017 年発表を参照 (* 注2)2019 年度現在

スペシャルオリンピックス日本
オフィシャルスポンサー

  • ユニクロ
  • トヨタ自動車
  • Aoi Pro
  • ソフトバンク
  • ソニー生命
  • Lions Club International
  • ビジネス・アーキテクツ
  • コカコーラ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • JAL
  • 三井住友海上
  • エニタイムフィットネス
  • ThreeBond
  • リネットジャパングループ株式会社

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop