MENU

お知らせ

中京大学と包括連携協定を締結!

公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(以下、「SON」)は中京大学と、5月2日、教育やスポーツの分野を通じ、多様な人々が活きる共生社会の実現を目指すため、包括連携協定を締結しました。

協定締結にあたり、名古屋キャンパスで行われた調印式には、中京大学からは梅村清英学長、スポーツ科学部の來田享子教授、SONからは有森裕子理事長、岩沼聡一朗理事、SONのドリームサポーターで中京大学の卒業生でもある安藤美姫さん、小塚崇彦さんが出席しました。

今後は、知的障害のある人もない人も互いに理解を深め、社会的インクルージョンを促進することを目的に、さまざまな取り組みをおこなっていきます。

協定締結について、梅村学長は「日本の私立大学では初めて体育・スポーツ科学の博士課程を設置した研究拠点として、これまでのノウハウを新しい形で生かしていきたい」とご挨拶されました。

また、ドリームサポーターの安藤さんは「知的障害のある人たちへの(周囲1から向けられる)目が大きく変わるといいなと思う。中京大学で学んだ建学の精神を胸に、学生らの若い力を借りながら共に共生社会の実現に大きく近づければ」とメッセージを送りました。

同じくドリームサポーターを務める小塚崇彦さんは「スペシャルオリンピックスの活動が、今後この中京大学だけではなく、いろいろな方々に関わっていただけるような形にできればと思っています」と意気込みを語りました。

■中京大学
学校法人梅村学園が1954年に設立した中京短期大学を前身とする年制大学。建学の精神は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」。国内の私立大学では最初に体育・スポーツ科学の博士課程を設置した研究拠点として、多くの有名スポーツ選手を輩出している。
中京大大学公式ウェブサイト:https://www.chukyo-u.ac.jp/

【この記事に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本 事務局
Mail:info@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop