MENU

イベント

【大会速報】スペシャルオリンピックス2016新潟 閉幕

2016年第6回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・新潟 大会速報

1)選手団人数(アスリート、選手団役員コーチ): 943名
- アスリート 614名
- コーチ・役員 329名

2)参加地区: 31地区組織(都道府県)
<地区組織>
北海道、青森、山形、岩手、宮城、福島、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、 神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、 奈良、和歌山、山口、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島 

3)大会関係者:467名
- 大会役員 8名
- 実行委員会 145名
- 専門委員会 154名
- 事務局  18名
- 競技役員 142名

4)来賓: 延べ700名

5) 参加ボランティア: 延べ 4,100名
(2016年2月12日~14日※3日間)

6) 観覧者数: 3日間延べ 約8,400名 ※概算
- 開会式  2016年2月12日 約2,300名
- 競技会場 2016年2月13日~14日
 ※全競技会場合計 約5,100名
- 閉会式  2016年2月14日
 ※2会場合計 約1,000名

7) 大会参加者総数: 約14,610名
(来賓数、ボランティア数及び観覧者数はのべ換算)

8) ヤングアスリート: 20名 ※見学30名
※知的障害のある2歳~7歳の方

9) ヘルシー・アスリート®・プログラム: 延べ 1,318名 
  - スペシャルスマイルズ(口腔)349名
- オープニングアイズ(眼科)194名
- ヘルシーヒアリング(聴力)283名
- ヘルスプロモーション(栄養・生活習慣)158名
- フィットフィート(足のケア)247名
- ファンフィットネス(理学療法)87名

10) 取材報道機関:33社 ※2016年2月12日~14日(開閉会式含む)

11) 来賓、ドリームサポーター、ゲスト、司会、ビデオメッセージ (開閉会式)
<開会式>
高円宮久子妃殿下 (ビデオメッセージ)
スポーツ庁審議官 木村徹也様 (ご挨拶)
スポーツ庁長官 鈴木大地様 (ビデオメッセージ)
新潟県知事 泉田裕彦様 (ご挨拶)
新潟市長 篠田昭様 (ご挨拶)
南魚沼市長 井口一郎様 (ご挨拶)
大会サポーター 安藤美姫様 (トーチランナー)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 北澤豪様 (トーチランナー)
大会サポーター 今井遥様 (トーチランナー)
MISIA様 (サプライズゲスト)
Negicco様 (アトラクション)
スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーター 森理世様(司会)
BSNアナウンサー 近藤丈靖様(司会)

<閉会式>
橘光一様 (アトラクション/南魚沼会場)
南魚沼市総合支援学校 (アトラクション/南魚沼会場)
新発田市手をつなぐ育成会よさこいクラブ (アトラクション/新潟会場)
フリーアナウンサー 小野沢裕子様 (司会/南魚沼会場) NSTアナウンサー 鈴木秀喜様 (司会/南魚沼会場)

大会概要

皆様のご参加、ご協力ありがとうございました


新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop