MENU

アスリートストーリー

チームの絆を胸に世界へ挑戦 No.3

チームの絆を胸に世界へ挑戦

今回、アジア太平洋地域で、初めてのリージョナル大会「2013年スペシャルオリンピックス アジア太平洋大会」は、2013年11月28日~12月7日にオーストラリア連邦 ニューキャッスルにて開催され、29の国と地域から2,500名の選手団が集結し、それぞれの技能を競い合いました。
スペシャルオリンピックス日本は今大会に、地区で結成されたバスケットボール3チーム、サッカー1チーム、計45名の日本選手団を派遣し、それぞれの練習の成果を発揮しました。今大会に参加し、海外のアスリートと試合をしたことで、アスリートそしてコーチたちは、新たな目標が見つかるなど、とても貴重な経験となりました。
今回のアスリートストーリーでは、大会に参加した各チームのキャプテン、ヘッドコーチの感想を紹介します。
また、今回のアスリートストーリーはアジア太平洋大会に参加したボランティアの方々にもインタビューしましたので併せて紹介します。

土井 隆平・樋口 光(バスケットボール / SON・千葉)

土井 隆平(スペシャルオリンピックス日本・千葉 キャプテン)

一人一人が全力を出してよくがんばりました。
また、チームワークも良かったと思います。
千葉に帰ってから、次の目標を目指して練習したいと思います。
試合以外にも、イベントやたくさんの国のアスリートとの交流が楽しい思い出です。
僕たちをサポートしてくださったコーチやスタッフのみなさん、ありがとうございました。

樋口 光(スペシャルオリンピックス日本・千葉 ヘッドコーチ)

今回、大会に参加させていただきありがとうございました。SO日本のバスケでよきライバルであり、先輩であり、仲間である東京チームや栃木チームと共に参加できたことも大変心強く、嬉しかったです。アスリートのみならず、コーチにとってもとても素晴らしい経験をさせていただきました。支えてくださったファミリーや、各地区の事務局の皆様、そして団長をはじめとして引率してくださった事務局の皆様と、影から支えお力添えをいただいたスポンサーやボランティアの皆様、そして大歓迎ムードで迎えてくださったオーストラリアの関係者すべての方々に感謝しております。この貴重な経験を生かし、皆様にSOの素晴らしさを伝えていけるようにこれからも頑張ります。本当にありがとうございました。

森内 光・若山 誠(サッカー / SON・長崎)

森内 光(スペシャルオリンピックス日本・長崎 キャプテン)

厳しい試合でしたが、ニューキャッスルの美しいビーチはずっと思い出に残ると思います。
SOの皆さん、コーチの方々、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

若山 誠(スペシャルオリンピックス日本・長崎 ヘッドコーチ)

国際大会への参加が初めてという事もあり、各国のサッカーレベルが分からなかった為、不安な部分が多くありました。そんな中、ゲームを行い4位という結果で終わり、メダルを取る事ができず悔しい部分もありますが、アスリートたちはみんな頑張り、1試、1試合、成長が見れた事はとても嬉しかったです。今後の課題がはっきりとした事やアスリートから次の国際大会にも出てリベンジしたいとの発言も聞けた事も良かったです。また、中田さんとのゲームやトレーニングを受けた事は、アスリートたちの自慢となったようです。競技以外でも、海外アスリートとのバッチの交換など初めは消極的でしたが、時間が経つにつれ積極的に交流をする姿が見られ、たくましくなりました。参加後のアスリートの表情は、自信に満ち溢れ、貴重な時間を過ごす事ができ、とても良かったです。

Poulsen, Jen(ボランティア)

私は5年前にダウン症の弟を亡くし、辛い思いをしましたが、今回、友人からニューキャッスルで知的障害のある人のスポーツ大会があるので参加しないかと誘いを受け、ボランティアに参加しました。
スペシャルオリンピックスに参加して感じたことは、一般社会でスポットライトが当たるのは難しい彼らが、スペシャルオリンピックスでは一人一人にスポットライトが当たり、活き活きとスポーツをしていて、素晴らしい活動だなと思いました。もし今も弟が生きていたら、彼はサッカーをすることや運動をすることが好きでしたので、ぜひスペシャルオリンピックスに参加させたいと思いました。
そして、スペシャルオリンピックスの活動は知的障害のある人が輝ける場所であると同時に健常者の方々が知的障害のある人たちの才能や能力を知ることができる素晴らしい場所だと思いました。知的障害のある人を理解しサポートするには、彼らのことを知らなければ、なかなかできることではないと思います。そのため、スペシャルオリンピックスは知的障害者と健常者双方にとって良い活動であり、社会が一つになるためのとても大切な活動だと思いました。

Richards, Craig(ボランティア)

私の息子は障害があり、いろんな方にサポートをいただいているため、私もボランティア活動がしたいと思っていました。そこで今回、知的障害者のスポーツ大会があると知りボランティアに参加しました。今回、ボランティアに参加して一番感動したことは、知的障害のあるアスリートたち皆さんがいつもボランティアや観戦者の人たちに“Hello” “Thank you”と挨拶し、元気にプレーをしていて、彼らが歓んでいる時はハイタッチやハグで一緒にその歓びを共有させてくれるなど、とてもフレンドリーでサポートする側だと思っていた私が元気をもらい、とてもスペシャルな時間を過ごすことができたことです。
スペシャルオリンピックスはオーストラリアではあまり知られていませんが、スポーツが盛んなので今大会を通じて知的障害のある人たちのスポーツ環境も整えられたらと思っています。また、この大会で見せてくれたアスリートたちの笑顔がスペシャルオリンピックスの活動の中だけでなく、一般社会でも見せられるような社会になって欲しいと思います。
これからもスペシャルオリンピックスを応援します!

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop