MENU

アスリートストーリー

Team Nippon 2013 ~ピョンチャンへのチャレンジ~ No.4

Team Nippon 2013 ~ピョンチャンへのチャレンジ~ No.4

2013年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・ピョンチャンに出場する日本選手団アスリートにフォーカスする世界大会特別企画!
日本選手団アスリートがどんな想いで世界大会に臨むのか、大会に向けての想いを紹介する「Team Nippon 2013 ~ピョンチャンへのチャレンジ~」と、大会終了後、世界大会で得た経験を紹介する「Team Nippon 2013 ~奮闘記録~」をシリーズで毎月お届けします。

今月の「Team Nippon 2013 ~ピョンチャンへのチャレンジ~ No.4」は、12月22日(金)~24日(日)、長野県岡谷で氷上競技の第2回競技別合宿の際にフィギュアスケートに出場する、田中裕奈さん(SON・神奈川)と髙橋亮雄さん(SON・山形)にインタビューしました。

日本選手団 フィギュアスケート
田中裕奈さん(SON・神奈川) × 髙橋亮雄さん(SON・山形)

大会まで約1ヶ月と近づいてきましたが、今どんな気持ちですか?

田中さん: 緊張してきているけど、楽しみの方が大きい。
髙橋さん: 不安はないです。

「楽しみ」とは、具体的に教えていただけますか?

田中さん: 大会には世界中からアスリートが集まるので、色んな人に会えることが楽しみです。
また行った事のない場所でスケートをすること楽しみにしています。
髙橋さん: どんな友達が出来るのか、どんなところで滑れるのかワクワクします。
田中さん: 前回のアイダホ大会ではホームステイ先の人が家族全員で応援に来てくれて、大弾幕も作ってくれてとても嬉しかったです。今回はホームステイがないと聞いて少し残念です。
髙橋さん: フィギュアスケートチームは大学の寮に宿泊するので大学生活が体験できて、それも楽しそうです。

今回は2回目の競技別合宿ですが、地区での練習と合宿の練習は雰囲気が違ったりしますか?

田中さん: 地区では皆と一緒にスケーティングのレベルアップ練習をして、合宿では大会で滑る演技の練習をするので、合宿に参加すると世界大会の意識がより強くなり気持ちが引き締まります。また、合宿では大会に向けて、課題の練習に専念できてとても貴重な時間です。
髙橋さん: 地区の練習も合宿での練習も特に違った感じはないです。僕は地区の練習でも大会の練習が出来ているので。

合宿ではどんな練習をしていますか?

田中さん: 曲に合わせて演技の最終調整ですね。
髙橋さん: スイズルを集中的に練習しています。(足を広げる)幅が大きくなったり、小さくなったりして安定していないので、安定するように頑張っています。
田中さん: 私も以前はスイズルをする時、お尻が出て綺麗じゃないって注意された。癖がついちゃうと直すのが難しくなるんだよね。

お二人はいつからスケートを始めたのですか?

髙橋さん: 自分は小学校の3年生ぐらいの時に我流で練習したけど、23歳になってスペシャルオリンピックスに入って、ゼロから練習しました。スペシャルオリンピックスではコーチが丁寧に教えてくれたから綺麗に滑れる様になりました。
田中さん: 私は小学校6年からスペシャルオリンピックスに入ってスケートを始めた。最初は水泳をやりたかったけど、フィギュアスケートしか枠がなくて。今はスケートが大好きです。競技会、大会でいろんな友達と出会えるから嬉しい。

田中さんは、世界大会に前回参加してどうでしたか?

田中さん: すごく緊張した。でも、アイダホでは1つ技を出すと観客の人が全員で「ワー」って盛り上がってくれて凄かったです。
髙橋さん: でもそれがプレッシャになってしまうケースも。山形大会で声援が大きくて、緊張して転んでしまった。

世界大会の観客数はナショナルゲームの時よりも多くなると思いますがどうですか?

田中さん: 私は観客の人が多い方がいいです!
髙橋さん: 多くの人に応援されるのは嬉しいけど、かえって緊張してしま場合があるので、どっちがいいかわからないです。

前回の世界大会・アイダホでは何が良かったですか?

田中さん: 5回中1回成功するスピンが本番前の6分間練習で回れちゃって、案の定、本番の演技では回れず失敗してしまったが、観客の人が頑張れって応援してくれた。

それでは最後に今大会はどんな大会にしたいですか?

田中さん: 前回できなかったスピンを回りたい。リベンジですね!
髙橋さん: 楽しかったらいいです。演技が失敗しても全力で演技すれば満足です。世界中からアスリートが集まるので、友達も沢山作りたいです。あと、開会式が楽しみです。
田中さん: キム・ヨナさんに来て欲しい。握手したい。

頑張ってください!

田中さん: はい!
髙橋さん: 頑張ります!

田中さん、髙橋さんをはじめ、日本選手団は世界大会に向け、全力で練習に取り組んでいます。
引き続き、日本選手団に熱い声援をおくって下さい!

スペシャルオリンピックスは、オリンピックと同様に夏季・冬季の世界大会を4年毎に開催しています。
そして今回、冬季世界大会が2013年1月29日~2月5日にかけて韓国、ピョンチャンにて開催されます。スペシャルオリンピックス日本からは84名の日本選手団がこの大会に参加します。

大会名称 2013年スペシャルオリンピックス冬季世界大会・ピョンチャン
開催時期 2013年1月29日~2月5日
※ホストタウンプログラム 1月26日~1月29日
開催地 大韓民国、ピョンチャン
参加者 選手団(アスリート・コーチ・役員)
120ヶ国・地域より3,300名
ボランティア、競技役員
7,800名
日本選手団 アスリート
59名
コーチ・役員
25名

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop