MENU

アスリートストーリー

福島アスリートの詩「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」

2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島

2012年2月10日~12日の3日間福島にて「2012年第5回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・福島」を開催いたしました。のべ3000名を超えるボランティアの皆さんに支えられた本大会は894名の選手団が参加し、思う存分日頃の練習の成果を発揮しました。
全3回でアスリートの立場から大会を振り返るアスリートストーリー、第2回目となる今回は本大会に出場した地元福島のアスリートが書いた詩をご紹介します。次回は各競技に取り組んだアスリートの感想をご紹介する予定ですので是非ご覧ください。

SON・福島
社会福祉法人安積愛育園 アートプロジェクト unico

澤田 さゆりさん

この詩は福島大会の開会式で名取 裕子さんによって朗読されました。

「運命」

もしもあなたに逢えなかったら
自分はどんな道をたどっていただろう
運命って不思議ね
少し違って道を選んだだけで大きく変ってしまう
あなたに逢えたこと偶然じゃなく
運命だったんだ
その出会いを大切にして欲しい
この世に生れたこと
人間として生れたこと
神様が決めたこと
もし人間じゃなく別の生き物だったら
どうなっていただろう
この世に生れたこと
人間として生れたこと
奇跡を信じて
全てにありがとう
本当にありがとう




「命輝く時間(とき)」

どんなつらいことがあっても
命の輝きは忘れないで欲しい
どんな壁にぶつかってもいい
決してあきらめなければ
どんな障害や病気をおっても
いつか自分の努力を
多くの人に伝わればいい
それは字でも絵でも形でも
言葉でも気持ちでも手話でも点字でもいい
自分の表現のしかたがあればいい
その努力がいつか
多くの人達に伝わって
日本から世界へ伝わるまで
命輝き続けよう




アスリートのブログにもアスリートメッセンジャーからの大会感想が寄せられています!

「スペシャルオリンピックスに入ってよかった」
http://blogs.yahoo.co.jp/specialolympics_nippon/39156761.html

「冬季ナショナルゲーム福島後の練習」
http://blogs.yahoo.co.jp/specialolympics_nippon/39135685.html

「勝利のイメージトレーニング」
http://blogs.yahoo.co.jp/specialolympics_nippon/39190336.html

「ナショナルゲームお疲れ様でした」
http://blogs.yahoo.co.jp/specialolympics_nippon/39126565.html



福島大会のご報告はこちらから

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop