MENU

アスリートストーリー

「アテネがくれたもの」山野 紗弥さん(バドミントン)

4年に1度の夏季世界大会「2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ」が開催され、日本選手団として参加したアスリートがどのような経験をして何を感じたのか、大会前の「アテネへの道」の続きとして大会後のアスリートの経験談「アテネがくれたもの」を全3回でご紹介します。

第2回目では荒木 成也さん(バレーボール)、山野 紗弥さん(バドミントン)2人の世界大会での経験談、そして約3週間現地でアスリートの活躍を競技面・生活面の両面で支えたコーチの感想をご紹介します。

「アテネがくれたもの」 山野 紗弥さん(バドミントン)

バドミントンチームは大会期間中コーチ・アスリートが一緒に過ごす時間をとても大切に過ごしました。大会を通じて山野さんは競技面、生活面の両面において「コーチ、仲間を信じること」「自分を信じること」を強く感じました。

山野さん:コートに立つ前は、とても緊張していました。試合でコートの中に入ったときは、「ドキドキ・ワクワク」で最初の試合では体はガチガチでした。自分のペースをつかめるまでに少し時間がかかりました。
コーチからは「スマッシュで攻めろ!!」とアドバイスをもらいました。最初の試合では攻めてたつもりでしたが、なかなか決まらずにダブルスの最後の試合とシングルスの最後の試合では無我夢中で打ち相手の点数に差がつけられたので試合で活かせて良かったです。

<コーチから見た山野さん>一番印象に残っているのは女子ダブルスで勝った試合。紗弥にとってはずっと負けの試合が続いた中で、やっと本来の動きができ、ダブルスペアの有花との息が合っていたのがとてもうれしかった。

山野さんコメント:

昨年の大阪大会で金メダルが取れたときに「アテネに行ける!」と確信しました。
それから色んな準備をして、たくさんの人に支えられ、応援してもらいながらアテネに行きました。初めて世界大会に出してもらってたくさん友達ができて自分自身いい勉強になりました。


バドミントンの試合会場に家族が来てくれたときは、嬉しさと安心のあまり大号泣してしまいました。でも泣いてスッキリしたので、決勝戦で、自分の力が発揮できたと思います。メダルも2個取れたのは夢のようでした。
オフの日は街に遊びに行って買い物ができてよかったです。
日本大使館で食べたごはんは美味しかったです。

■世界の舞台に立ち試合をしたときの気持ちを教えてください。

コートに立つ前は、とても緊張していました。試合でコートの中に入ったときは、「ドキドキ・ワクワク」で最初の試合では体はガチガチでした。自分のペースをつかめるまでに少し時間がかかりました。


■試合でうまくいったことと、いかなかったこと、印象に残っていること

試合で上手くいったことと、いかなかったことは、自分が練ってた作戦が実行されずに、コーチからの指示で少しずつ自分のペースに持っていけました。
ミックスダブルスの最後の試合がロシアでしたが、ロシアの圧倒的な身長の高さと力で怖く感じました。
上手くいったのは、コーチやスタンドの応援でシングルスとダブルスでメダルがとれたのが良かったです。夢のようでした。


■コーチからのアドバイスで印象に残っていることは?

コーチから受けたアドバイスは「スマッシュで攻めろ!!」って言われました。最初の試合では攻めてたつもりでしたが、なかなか決まらずにダブルスの最後の試合とシングルスの最後の試合では無我夢中で打ち相手の点数に差がつけられたので試合で活かせて良かったです。

■コーチに伝えたいことは?

コーチの言葉で自分の力を引き出してもらえたのが良かったです。 また、4年後の世界大会も一緒に行きたいです。


■世界大会で一番印象に残っていることは?

ロードス島で見た海のエメラルドグリーンの景色はとってもとってもキレイでした。
そして開会式の日に花道を通ったときは、緊張したけど、とても夢のようで、一生忘れられない思い出です。あと、ボランティアさんも優しかったのが嬉しかったです。
大会を通じて「コーチ、仲間を信じること」「自分を信じること」の大切さを知りました。バドミントンは個人競技でもあり団体競技でもあります。私がコーチ、仲間を信じていると思ったのはダブルス、ミックスダブルスの時は同じコートにいる相手や応援してくれる仲間を信じてがんばろうと思いました。自分を信じることはシングルスのときや普段の生活の中で自分が責任を持って行動することだと思います。


■世界大会を振り返って

世界大会に出るまで合宿や地区のプログラムで下準備をして、初めて世界大会に参加しました。大会当日まではホストタウンプログラムでロードス島でのイベントや色んな国の人とピンバッチを交換しました。
バドミントンの試合が終わってからホテルに帰って、皆でホテルの近くを歩いていたら美味しそうなピザ屋さんとアイスが食べれて最高に嬉しかったです。
IDカードのひもにピンバッチが付けられずに余るほど交換できて、たくさんの人と交流することができたことや、各競技のコーチと親しくなれて最高の思い出です。また、4年後も出たいです。
今回大会で交換したバッチは34個でした!!

時村 亜樹コーチ(バドミントン)

■印象に残っている試合

女子ダブルスで勝った試合。紗弥にとってはずっと負けの試合が続いた中で、やっと本来の動きができ、ダブルスペアの有花との息が合っていたのがとてもうれしかった。


■大会を通じて山野さんが変わったことは?またチームでは?

最初から明るく笑いの絶えない紗弥だったので…それは最後まで変わりませんでした。あと、積極的にバッチの交換をしていたのが印象的でした。
チームは最初から兄弟のように仲が良くとても雰囲気のいいチームでした。


■世界の舞台をどのような思いでサポートしましたか?

普段のスタイルで試合に挑んでほしいという思い。また、世界のレベルや人柄などを楽しんでほしい。

■大会を振り返って

世界大会への参加が決まった時、バドミトンということで、競技に関してはルールはもちろん、試合も見たことがなかったので、大変驚きましたが、どんな競技であれ、念願の世界大会に参加することができるということがとてもうれしく思いました。また、オリンピック発祥の地アテネで開催される世界大会に参加できるということが、とても幸運なことだと心から思いました。 最初は19日間と聞くと長いような気がしていたけれど、あっという間でした。大会が終わって振り返ると、思い出すのはみんなで楽しく過ごせた毎日です。とても充実していた19日間を過ごすことができたと思います。
1月のコーチミーティングに始まり、2回の合宿を経て、チームみんなが仲良くなり、いい形でギリシャへ出発することができたと思っています。現地でもみんなで声かけ合いながら楽しく練習をしたり、応援をしたり、他国の人と触れ合えていました。
競技が早く終わった日は、ホテルの近くを散歩してリフレッシュしたり、部屋に集まってトランプをしたり、みんなでの時間を大切に過ごすことができたのは大変よかったです。
毎日とても暑かったですけど、バドミントンチームはダウンする子もなく、元気に帰国日まで迎えることができたのでよかったです。
競技に関しては、緊張して普段の力を発揮できない時もあれば、普段以上の力を発揮できた時もあるし、また日々上達していく姿を間近で見ることができてとても感動しました。バドミントンの魅力を発見でき、良い仲間に出会えて、良い思い出が作れて、すばらしい経験ができて、幸せ者だなぁと思います。
このような貴重な体験の機会を与えてくださったすべての方に感謝し、この経験を活かしてSOの輪を広げていけたらと思います。

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop