MENU

アスリートストーリー

「アテネへの道」vol.3

2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネに出場するアスリートのアテネへの想いを本人の言葉でお伝えするスペシャル企画!
日本全国のアスリートの中から選出された52人のアスリートが何を想い、どんな経験をするのか。大会にむけての想い「アテネへの道」と大会後の経験談「アテネがくれたもの」をそれぞれ全3回でご紹介します。ファミリーのコメントを交えながら、インタビュー形式で毎月一人にフォーカスしていきますので、次回の更新もお楽しみに!

村山 恵さん(ボウリング SON・熊本)

1、2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネへの出発が決まってどのように感じましたか?


恵さん:初めてアテネに行くので少し緊張するけどがんばって行きます。お母さんと離れるのは寂しいけど一人で挑戦します。アテネの出場を友人や職場の人に話し、すごいねと言ってもらいました。みんなが応援してくれていくのでがんばりたいと思います。

お母さん:2003年3月友人に誘われボウリングプログラムを見学し、とても気に入り、すぐに入会しました。翌年誘ってくれた友人はアイルランド大会で金メダルと大活躍でした。恵もチャンスがあればと上海大会にエントリーしましたが補欠でした。今回は正選手です。9年間続けてきた努力賞ですね。おもいっきり楽しんで、世界を見て身体で感じてほしいです。

2、大会に向けて取り組んでいることはありますか?


恵さん:SOのプログラムが始まり、毎週土曜の夜、仲間・コーチと楽しく練習しています。他に火曜日自主練習をしています。英語もしています。

お母さん:日常生活の充実と体力向上を目指しています。通勤のバス停を2ヶ所前に降り、歩く距離を増やして帰る日が多くなっています。ボウリングの練習も週2日を3日に増やし、大会へのモチベーションを高めています。

3、大会に期待することは?


恵さん:友達をつくりたいです。

お母さん:オリンピック発祥の地、アテネで『I’m in』のスローガンのもと、応援してくださる皆さんのハートと共に参加し、楽しんでほしいと思います。

4、スペシャルオリンピックスの活動に参加したきっかけは何ですか?


恵さん:普段は保育園で子供たちのお世話をして働いています。子供が好きで、特に無理をしなくてもすんなり仕事に入っていけました。スペシャルオリンピックスのことは学校の後輩に教えてもらいました。大学生のコーチや知っている友達がいてとても楽しくすぐ入会しました。ボウリングの他にもフィギュアスケートや馬術のプログラムに参加しています。

お母さん:就職して2年間は仕事オンリーの生活でした。余暇活動が無く、土・日の過ごし方に工夫が必要だと感じていた頃、タイミング良く友人に誘って頂きました。本人がスムーズにボウリング、スケート、馬術と自分に合ったプログラムに参加するようになりました。

5、プログラムに参加していて良かったことは何ですか?


恵さん:続けて9年になります。毎回のプログラムが楽しいです。ボウリングをしていて一番楽しいところは『ハイタッチ』。たくさんピンを倒したときに友人たちと一緒に盛り上がるのが特に楽しいです。

お母さん:社交性が育まれ、アスリート・コーチ・ボランティアさんとの広い交友関係が広まった。SOのプログラムから発展し、一般の愛好者ボウリングのリーグ戦にも誘われ、SOの仲間と共に一年間を通じて楽しんでいる。

6、日本選手団を応援してくれている皆さんにメッセージ


恵さん:アスリートとしてアテネに行くのでとてもうれしく感じました。メイプルサウンズ(バンド活動)の仲間全国の皆さん応援してくれてありがとう!

お母さん:東日本大震災で大きな不安と切実な恐怖心が消えない毎日ですが1日も早い復興を祈りつつ、自分が今できる努力を重ね、選手団の一員として参加できるように心身ともに準備したいと思います。


ギリシャ共和国・アテネで夏季世界大会が開催されます。「2010年第5回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪」で熱戦をくりひろげたアスリートの中から選考した日本選手団75名が出場します。

大会名称:
2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ
開催時期:
2011年6月25日~7月4日
ホストタウンプログラム 6月20日~6月24日
開 催 地:
ギリシャ共和国、アテネ
参 加 者:
アスリート・・・・・185ヶ国・地域より7,500人
コーチ・役員・・・2,500人
ボランティア・・・25,000人
日本選手団:
アスリート 52人
コーチ・役員 23人

■大会HPはこちら(英語です)
http://www.athens2011.org/en/index.asp

■オフィシャルチャンネル
選手団の活動写真や映像をたっぷりご覧いただけます
http://ch.yahoo.co.jp/sonippon/

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop