MENU

アスリートストーリー

「アテネへの道」vol.2

2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネに出場するアスリートのアテネへの想いを本人の言葉でお伝えするスペシャル企画!
日本全国のアスリートの中から選出された52人のアスリートが何を想い、どんな経験をするのか。大会にむけての想い「アテネへの道」と大会後の経験談「アテネがくれたもの」をそれぞれ全3回でご紹介します。ファミリーのコメントを交えながら、インタビュー形式で毎月一人にフォーカスしていきますので、次回の更新もお楽しみに!

荒木 成也さん(バレーボール・熊本)

2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネのバレーボールチームでキャプテンを務める荒木 成也さんにインタビューしました。バレーボールチームはアスリート12人の大所帯です。チームのムードメーカーとして、またリーダーとしてチームをまとめる荒木さんがスペシャルオリンピックスとの出会いからアテネへの想いを話してくれました。

バレーボールはいつから始めたのですか?


3年前に、SON・熊本でバレーボールの練習を見る機会があって、「自分もやってみたい!」と思ったのがきっかけです。もともと小学校の頃から野球をずっとやっていて、球技は得意だったし。反射神経にも結構自信がありましたから(笑)。

実際に始めてみて、いかがですか?


すごく楽しいですね。みんながなかなか取れないようなところに入ってきたボールをレシーブできたりすると最高!です。SON・熊本では他にも、ボウリングやフロアホッケーのプログラムにも参加しているんです。仕事の後や休日に、SONで思いっきり体を動かすことが、僕のリフレッシュになっています。疲れも吹っ飛びます。

スペシャルオリンピックスの活動をするようになって、何か変化はありましたか?


行事に積極的に参加するようになりました。踊りとかも好きで、自分は結構目立ちたがりなんだなと(笑)。

日本選手団のメンバーに決まったとき、どんな気持ちでしたか?


最初は、僕でいいのかな?って思いました。自分より他の人に行かせてあげたいという気持ちがありました。でも、選ばれたからには、とくかく頑張ろう!と。その後、地震があって、こんなときに行ってもいいんだろうか?と考えたこともあります。しかし、自分達が海外で頑張って、みんなに元気が与えられるなら行こう!って思ったんです。それに、職場の人たちがすごく応援してくれて、この前も、市長に表敬訪問した様子がNHKで放送されたんですけど、「テレビ観たよ!頑張れ」って、いろんな人に声をかけられて、とてもうれしいです。

この合宿で、初めてメンバー全員が揃って練習したんですよね。どうでしたか?


大阪大会ではみんな顔を合わせていて、ある程度コミュニケーションは取れていたんですけど、実際の練習をしたのは初めてだったので、息が合うには少し時間が必要かもしれません。今日はミスもたくさん出してしまったし。自分自身、緊張すると普段はちゃんと入るサーブが入らなくなってしまうなど、ミスが出るので、とにかくどんな状況になっても普段どおりできるように、もっともっと練習しないといけないと思いました。

キャプテンとして、世界大会・アテネに向けての抱負は?


この合宿を通じて、チームも一つになってきたと思います。ここで見えてきた課題を、それぞれ一つずつ解決できるように練習して上達させ、チーム一丸となって優勝目指して頑張りたいと思います。実は僕がバレーボールを始めたときに、アイルランドに出場した人から「これからはキミが頑張れ」って膝当てを譲り受けたんです。今も大切に使っているのですが、この大会でもその膝当てをお守りにして、頑張ってきたいと思います!


ギリシャ共和国・アテネで夏季世界大会が開催されます。「2010年第5回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・大阪」で熱戦をくりひろげたアスリートの中から選考した日本選手団75名が出場します。

大会名称:
2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ
開催時期:
2011年6月25日~7月4日
ホストタウンプログラム 6月20日~6月24日
開催地:
ギリシャ共和国、アテネ
参加者:
アスリート・・・・・185ヶ国・地域より7,500人
コーチ・役員・・・2,500人
ボランティア・・・25,000人
日本選手団:
アスリート 52人
コーチ・役員 23人

■大会HPはこちら(英語です)
http://www.athens2011.org/en/index.asp

■オフィシャルチャンネル
選手団の活動写真や映像をたっぷりご覧いただけます
http://ch.yahoo.co.jp/sonippon/

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop