MENU

インタビュー

スペシャルオリンピックス2018愛知 Vol.1

2018年9月22~24日、4年に1度行われるスペシャルオリンピックス日本(以下、SON)の夏季ナショナルゲーム(全国大会)が愛知県で行われた。第7回となる今大会は、アスリート約1000名、役員・コーチ600名以上、大会役員・審判約350名、ボランティアのべ約3800名など、のべ2万人が参加した。本大会は2019年にアラブ首長国連邦のアブダビで開催されるスペシャルオリンピックス夏季世界大会への日本選手団選考を兼ねて開催された。「超える歓び。」のスローガンの下、アスリートたちが日頃のトレーニングの成果をどのように発揮したか。その模様をリポートする。


緊張が解けて歓びが爆発した開会式

大会初日、開会式が行われた日本ガイシホール(名古屋市)には、ピンと張り詰めた空気が漂っていた。4年に1度の大舞台、翌日の競技を控え過敏になっているのか、スターたちがパフォーマンスを見せる巨大なホールの威圧感に度肝を抜かれたのか。いずれにせよアスリートたちが緊張するのは無理もなかった。

そんな中で始まった選手入場。愛知県警音楽隊が奏でるマーチに乗って、北は北海道から南は沖縄県まで順に行進し、最後は開催県である愛知県のSON・愛知の選手団が入場した。途中、ステージ上を横切るときには、選手団の自己紹介文をアスリートMCの古田裕生さん(SON・愛知)が元気よく読み上げた。名所旧跡や特産品、日々の活動の様子、方言での紹介と、選手団ごとに特色のある楽しい紹介だった。

有森裕子大会会長は行進する選手たちをハイタッチで出迎え、選手たちから笑みがこぼれた。

全国の選手団が入場し着席する。いよいよアリーナに主役たちが揃い、セレモニーが始まった。まず、登壇したのは有森裕子大会会長。
「大会のスローガンは『超える歓び。』です。これはアスリートだけでなく、大会に関係したすべての人が、いろいろなことを超えることで、ともに育ち、歓びを分かち合い、生きる力に変えていくという意味の、とても素晴らしい言葉です。この大会がゴールではなく、すべての人の未来へのスタートとなる、そんな大会にしてください」という言葉を贈った。

アスリートに優しく語りかける大村秀章愛知県知事の祝辞。
世界的にスペシャルオリンピックスをサポートするライオンズクラズ国際協会の山田實紘会長からも祝辞。
声高らかに開会を宣言する鈴木盈宏実行委員長。

アスリートとコーチ合わせて8人の手によって入場したSON旗が掲揚されると、いよいよトーチリレーが入場。これは2月10日に熱田神宮の本宮で採火されたもの。ドリームサポーターと愛知県にゆかりのある「レジェンド」たちが、大会に出場するアスリートと2人1組になってトーチを運んだ。

トーチリレーを締めくくった、SONドリームサポーターの森理世さん、安藤美姫さん、小塚崇彦さん、山口素弘さん(サッカー元日本代表)、佐竹功年さん(トヨタ自動車野球部)

開会式「第1部」の最後は、アスリート代表、コーチ代表、審判代表がそれぞれ有森大会会長に宣誓を行い、セレモニーを締めた。

開会式の「第2部」はまさにサプライズ満載のステージとなった。まず登場した名古屋発のアイドルグループ「チームしゃちほこ(10月22日より「TEAM SHACHI」に改名)」が、「抱きしめてアンセム」「START」の2曲を披露し、会場のムードを一気に熱くした。

続いて「サプライズゲスト」として、なんとGLAYのTERUが登場。SONの公式応援ソングとしてGLAYが書き下ろした「YOUR SONG」を生披露するスペシャル・ステージが実現した。ノリのいい楽曲に、アスリートもみな立ち上がり、踊りながらサビのフレーズを叫んでいた。GLAYといえば、「単独アーティストによる有料ライブにおける最多観客動員」でギネス世界記録に認定されている。TERU単独、「YOUR SONG」は、参加者にとっては正真正銘のサプライズになった。

次に登場したのがサンプラザ中野くん。爆風スランプのメンバー、パッパラー河合と一緒にステージに立つと、「旅人よ~The Longest Journey」を熱唱。そして、有森大会会長のたっての願いで、今年が発売30周年を迎えたという名曲「Runner」を歌うと、ステージ上にはTERU、チームしゃちほこ、そしてトーチリレーを締めくくった森さん、安藤さん、小塚さん、山口さん、佐竹さん、そして有森大会会長や大村知事までステージ上に集合し、全員で大合唱し、会場の興奮は最高潮に達した。

まさに熱狂の中、開会式は終了。大会応援団長を務めるDJのジェイムス・ヘイブンスさんと愛知大学応援団チアリーディング部の「退場アトラクション」に送られて、選手団が退場した。

その後に行われた記者取材で、有森大会会長は「素晴らしい開会式でした。来賓やサポーター、ゲストの皆さんが、会場の雰囲気にとても感動したとおっしゃっていて、あらためてアスリートのみなさんの持っているパワーを感じました」と語った。興奮冷めやらぬという表情は、この大会が熱気に包まれることを確信したように見えた。

左から、山口さん、森さん、有森大会会長、さん、小塚さん、佐竹さん。開会式を終えて取材に応じる。

取材・文=ライター菅野

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop