公益財団法人 スペシャルオリンピックス日本

ヘッダーナビゲーション
サイト内検索

提供:Yahoo! JAPAN


参加する。見つけよう。はじめられること。

活動に参加する知的障害のある人「アスリート」、その家族「ファミリー」、そして「ボランティア」、すべての皆さんがスペシャルオリンピックス活動の参加者です。日常のスポーツトレーニングからナショナルゲーム、世界大会まで、共に経験を重ねる中で、それぞれの可能性が広がっています。

プログラム・競技について

スペシャルオリンピックスでは、例えば、毎週日曜日の午前中は○○競技場で陸上の練習、木曜日の夜は○○ボウリング場でボウリングの練習というように、日常的に、スポーツを楽しみながら技術向上を目指すスポーツ・トレーニング・プログラム(日常プログラム)を開催しています。現在、国内で実施されている競技は24種類あり、これらはオリンピック形式(国際的な競技団体のルールや運営方法を基本とする)に則っています。
プログラムには知的障害がある6歳以上の人であれば、誰でも参加資格があります。

アスリートとは

スペシャルオリンピックス(SO)では、SOのスポーツ活動に参加する知的障害のある人を、「アスリート」と呼んでいます。現在、世界170ヵ国以上で450万人を超えるアスリートが参加しています。(2016年1月時点)

スペシャルオリンピックス日本では、陸上競技、バスケットボール、アルペンスキーなど夏季冬季24競技(日本でのみ実施しているフライングディスク含む)を提供しており、47都道府県で7,827人を越えるアスリートがスポーツを楽しんでいます。(2015年度末)まずは興味のある競技に参加してみてください!

  • 競技会には8歳以上から参加できます。

知的障害とは・・・

厚生労働省は知的障害児者基礎調査において、知的障害の定義を、知的機能の障害が発達期(概ね18歳まで)にあらわれ、日常生活に障害が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にあるものとしています。

スペシャルオリンピックスに関しては以下の要件のうちいずれかに該当する場合参加ができます。

  1. 機関や専門家により知的障害があるとされている。
  2. 標準的な知能検査により知的な遅れが確認されている。

アスリートストーリー

2015年7月25日~8月2日にスペシャルオリンピックスの発祥の地、アメリカにて開催された「2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・ロサンゼルス」に参加した日本選手団アスリートの感想をご紹介します。
今大会は世界164の国と地域より8,500名以上の選手団が参加し、競技を競い合いました。

ファミリーとは

スペシャルオリンピックス(SO)では、「アスリート」のご家族を「ファミリー」と呼んでいます。SOでは、ファミリーもさまざまなかたちで活動に参加しています。

アスリートと一緒に思いきって一歩を踏み出し、新しいことにチャレンジしませんか?ボランティアやコーチとしてスポーツを共に楽しむこともできます。一緒に参加することでさまざまな可能性が広がっていきます。

ファミリーメッセンジャー

スペシャルオリンピックスでは、SOの使命やアスリートの成長について、自身の体験をもとに様々な機会を通じて多くの関係者に直接語りかける役割を担う、ファミリーメッセンジャーが活躍しています。両親だけでなく、兄弟や親戚の方もファミリーメッセンジャーになることができます。

大会・競技会・プログラムの参加に関するお問い合わせ

スペシャルオリンピックス日本へのお問い合わせ、ご相談は、下記よりお問い合わせください。

WEBサイトからのお問い合わせ

お問い合わせフォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォームでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

よくあるご質問

お客様から多く寄せられているお問い合わせの中からよくあるご質問を掲載しています。


フッターナビゲーション