MENU

レポート

2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ

大会総括

2011年6月25日~7月4日の10日間ギリシャ共和国・アテネで開催されました2011年夏季世界大会は世界170カ国から約6,961名のアスリートが参加し、約25,000名のボランティアによって支えられました。

日本からは有森裕子団長が率いる75名(アスリート52名を含む)の日本選手団が参加し、陸上競技、水泳競技、体操競技、卓球、バドミントン、テニス、ゴルフ、ボウリング、バレーボールの9競技に参加しました。

オリンピック発祥の地であるアテネの、まさにオリンピックで使用された会場でアスリートたちは世界大会という夢の舞台に立ちました。酷暑にも世界のアスリートたちにも臆することなく果敢に競技に取り組み、それぞれが大きな達成感や悔しさを味わいました。また、今大会で日本選手団団長を務めた有森裕子理事長は、アスリートへスポーツに取り組む姿勢を常に示し続け、それはアスリートたちにとって最後までベストを尽くす勇気となりました。アテネの真っ青な空の下一人一人が素晴らしい経験を積み、ひと回りもふた回りも大きく成長することができました。

東日本大震災後の今回の世界大会で、日本選手団全員が目標に向かって精一杯努力し被災に負けず頑張る姿を見ていただくことで世界中から応援してくださっている皆さんに感謝の気持ちを伝え、また日本で頑張っている方々へ勇気を与えることができました。応援してくださった多くの皆様本当にありがとうございました。

競技以外のイベント ・開閉会式
・ヘルシー・アスリート・プログラム®
・国際法執行者トーチラン®
・ホストタウンプログラム
・グローバルユースサミット
・スペシャルオリンピックスフェスティバル
・ユニティ・スポーツ・イベント

USTREAM 2011年SO夏季世界大会・アテネ
公式ブログ 2011年SO夏季世界大会・アテネ

開閉会式

アメリカイリノイ州シカゴで初めて開催された国際大会から40余年、SOの活動が世界中で発展し、オリンピック発祥の地・アテネで世界大会を開催することができました。そして開・閉会式は近代オリンピックが初めて開かれたパナシナイコスタジアム(Kallimarmaro Panathinaikon Stadium)で盛大に行われました。

開会式で日本選手団は被災に負けず頑張っていることを伝えるため「がんばろう日本」のメッセージを胸に入場し、世界中からの来場者より大きな拍手が送られました。

ユニティ・スポーツ・イベント

今大会初めて、国際的に有名なスポーツ選手や著名人がアスリートとペアを組み競技を行うユニティ・スポーツ・イベントが行われました。

日本選手団からはテニスの平野井渉さんが初めてユニティスポーツを体験しました。また有森裕子団長が10キロのマラソンに参加した他、SONドリームサポーターで2007年ミス ユニバース世界大会優勝の森理世さんが卓球とドラゴンボートに参加し、世界中のアスリートとスポーツを通じてインクルージョンのメッセージを世界へと発信しました。

特別協賛

ヤフー株式会社

世界大会・アテネの情報や日本選手団の活動をお伝えする特集サイト「スペシャルオリンピックス特集2011(開催期間:6/15~7/31)」を開設していただきました。


JX日鉱日石エネルギー株式会社

1クリック1円が日本選手団派遣活動に寄付される「クリック募金(開催期間:2010/3/22~2011/7/5)」を展開していただきました。


株式会社ユニクロ

開閉会式等で日本選手団が着用した式典用ユニフォームをご提供いただきました。

アディダスジャパン株式会社

日本選手団共通ユニフォームに加え、テニス、ゴルフなど6競技の競技ユニフォームをご提供いただきました。


株式会社アシックス

日本選手団陸上競技、バレーボールの2競技の競技ユニフォームをご提供いただきました。


田辺三菱製薬労働組合
小野薬品工業労働組合


日本選手団全9競技に医薬品セットをご提供いただきました。

Ebonite International , inc
レジェンドスター株式会社


日本選手団ボウリングアスリートにボーリングボールとキャリーバックをご提供いただきました。

結団式

世界大会開催地アテネに出発する当日7月18日(土)に東京都内ソフトバンクグループ本社にて「2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ 日本選手団結団式」を開催しました。75名の日本選手団が一同に会し、有森団長、代表アスリート、代表コーチが力強く決意表明し、アテネでの健闘を誓いました。

司会には堀尾正明さん、有働由美子さんがご協力くださり、厚生労働省 自立支援振興室長 矢田宏人様をはじめ、株式会社ウィルコム執行役員 法人事業本部 本部長 鈴木龍雄様、スペシャルオリンピックス日本ドリームサポーターで2007年ミス・ユニバース世界大会優勝の森理世様から選手団へ激励のメッセージをいただきました。

また、今大会はアテネにて開催されるため、2003年アテネオリンピックで活躍されたメダリストの柴田亜衣様、水鳥寿思様、森田智己様、上野由岐子様にもご参加いただき、トークセッションを行いました。トークセッションでは、アテネオリンピックのエピソードトークや日本選手団アスリートの質問にお答えくださるなど、出発前のアスリートにとって心強いものとなりました。

会場には支援企業の皆様、そして日頃よりスペシャルオリンピックスの活動を応援してくださっている皆様など総勢約150名の方が出席し、日本選手団にエールを送ってくださいました。

<結団式概要>
名称:

2011年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・アテネ 日本選手団結団式

開催日時:

2011年6月18日(土)14:00 ~ 15:30

会場:

ソフトバンクグループ本社 25階

出席者:

公益財団法人スペシャルオリンピックス日本 理事長 有森裕子(日本選手団団長)

日本選手団 75名

司会:

堀尾正明 様

有働由美子 様

来賓:

厚生労働省 自立支援振興室長 矢田宏人 様

株式会社ウィルコム 法人事業本部長 鈴木龍雄 様

2007年ミス・ユニバース世界大会 優勝 森理世 様

ゲスト:

アテネオリンピック競泳 金メダリスト 柴田亜衣 様

アテネオリンピック競泳 銅メダリスト 森田智己 様

アテネオリンピック体操 男子団体総合 金メダリスト 水鳥寿思 様

アテネオリンピック女子ソフトボール 銅メダリスト 上野由岐子 様

共催:

株式会社ウィルコム

協力:

日本コカ・コーラ株式会社

壮行会:

株式会社Beyond Japan

司 会

堀尾正明

有働由美子
来 賓

厚生労働省/矢田宏人

(株)ウィルコム/鈴木龍雄

森理世
ゲスト

柴田亜衣

森田智己

水鳥寿思

上野由岐子

株式会社ウィルコム

結団式会場をご提供いただき、結団式当日の設営・運営にもご協力くださいました。


日本コカ・コーラ株式会社

結団式や事前合宿にて日本選手団の飲料をご提供いただきました。

株式会社Beyond Japan

結団式終了後の壮行会にて、素晴らしい料理の数々で選手団を激励してくださいました。

USTREAM 2011年 SO夏季世界大会・アテネ 結団式

【大会に関するお問い合わせ先】

スペシャルオリンピックス日本事務局 大会担当
Tel:03-6809-2034/Fax:03-3436-3666
Mail:son_cc@son.or.jp

新着記事

スペシャルオリンピックス日本は、皆様のご寄付や企業協賛によって支えられている非営利組織です。
ひとりでも多くの知的障害のある人たちが活動に参加できるよう、皆様のご支援、ご協力を心よりお願い申し上げます。

pageTop